023   内藤廣さん   2013.03.21
 
  1   2   3  
 
初の作品集「内藤廣の建築 1992−2004 素形から素景へ1」が刊行された内藤廣さんにお
越しいただきました。

突然のお願いにも関わらず、「お絵かきか〜」と楽しそうにインクの出をチェックして下
さる内藤さん。
そして大きく体を動かしながら、ガラスに描いていきます。

「手首から先を使って、愛用の赤ペンを使って何も考えずに線を引く。それにつられて次
の線が出てくる。線がいくつも重なり合うと、線と線で囲われた小さな区画ができる。
全体の構図を見て、気分次第でそれを塗りつぶすと構図全体の重心が変わる−」
今回のドローイングが記載されている、“内藤廣の頭と手 「紋様」”より

今まさに、上記の過程を目撃しているのだと思うと感慨深く、また同時に、ダイナミック
な動きながら、ペンが体の一部に違いないと思わされる程に自然に(ガラスに描くの
はおそらく初ではないかと思われます)描く姿は圧巻でした。

紋様の他には「頭と手」「1992−2004」の文字、そして署名をしていただきました。
そうそう忘れてはならないもう一つの目玉が。紋様の中に登場する非常にかわいらしい内
藤さんご自身の似顔絵です。是非見つけてみて下さい!


内藤廣の建築 1992−2004 素形から素景へ1

内藤廣の頭と手

 
prev トップページへ戻る next
 
(C)1997-2019 nanyodo, All rights reserved.