019   山口さん 鈴野さん   2012.06.18
 
  1   2  
 
建築家、クリエーターが子どもの目線から家について語る、というコンセプト
「くうねるところにすむところ」シリーズの29作目「トラフの小さな都市計画」
が刊行。
そこで、トラフ建築設計事務所の鈴野浩一さん、そして本書でイラストを担当
している山口洋佑さんにご来店頂きました。

今回の作業に使った画材は、絵の具+筆。
ガラスギャラリー史上初の試みとあり、思うようにいかない場面も・・。
が、そこはプロの画家・山口さんが試行錯誤を繰り返し、絵筆のタッチで味わい
を醸し出す、柔らかな世界をガラスに表現することに成功しました。
完成したガラスを見てみると、今にも動き出しそうな不思議な緑の物体が二つ、
描かれています。「トラフの小さな都市計画」にも登場するこの物体、実は
トラフのお二人(鈴野さん、禿さん)をイメージして生み出されたキャラクター?
なのだそう。(犬の顔は「港北の住宅」ですね!)
このキャラクターについては、“木の置物ヴァージョン”も素晴らしい出来栄え。
(本書ディスプレイ期間中は、店内カウンターに展示します)
晴れの日に常設している「トラフ棚」と合わせて外から眺めても、楽しげな雰囲気が
よく伝わる明るいガラスとなりました。

トラフの小さな都市計画

 
prev トップページへ戻る next
 
(C)1997-2021 nanyodo, All rights reserved.