007   中山英之さん   2009.09.05
 
  1   2   3  
 
今回のガラス絵は「建築と日常』刊行記念の会に来られていた中山さんにお声掛けをして実現しました。
一本の線から様々な空間が生まれるというテーマが今回のガラス絵です。四本の弧を描いた線は
線だけを見ると同じようですが、線の周囲に描かれる事物によって異なる空間を意味する線になります。
池、テーブル、壁、カーペットとガラスには補助的に描かれていますが、一本の線から空間の多角的な
見え方をあらわしていて大変興味深かったです。また、納得のいく線が描けるまで何度も消しておられた
のが印象的でした。

中山英之/スケッチング

 
prev トップページへ戻る next
 
(C)1997-2021 nanyodo, All rights reserved.