トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 建築と日常 No.3-4合併号
著者名: 長島明夫 編
発行所: 長島明夫
判型: A5 ページ: 206
価格(税込):¥ 1,980価格(税別):¥ 1,800
発行年月: 2015.04 商品コード: 99066102
 
   内容・概要   
3年ぶりとなる、長島明夫編集「建築と日常」の第3-4合併号。今回は「現在する歴史」をテーマに、アンケートや対談、インタビュー、テキストなどにより構成。大江宏の言葉を通じて歴史の見方そのものに迫る。表紙は大江宏が独自に作成した歴史年表。

■特集 現在する歴史
・インタヴュー 歴史としての建築 香山壽夫
 第1部 日常を支える秩序
 第2部 様式が混在するとき
・アンケート あなたがとりわけ歴史を感じる建築とその理由を教えてください
 回答=
 槇文彦、藤森照信、井上章一、畠山直哉、後藤治、島村菜津、鈴木理策
 小川次郎、古谷利裕、清水清孝、石上純也、桑木野幸司、結城秀勇、斧澤未知子

・抜粋集 建築家・大江宏の言葉(付録:現在する大江建築)
・インタビュー 伝統とモダニズム 大江宏の言葉から 富永譲
・小説 化けもの屋敷 吉田健一
・4 episodes atelier nishikata(小野弘人+西尾玲子) 写真=山岸剛
・批評 建築は演算によってのみ出現する(演算過程においてしか、建築は存在
しない) 岡崎乾二郎
・批評 <代田の町屋>の危機(2013年) 長島明夫
・インタヴュー 建築をめぐるいくつかの時間 坂本一成
・エセー 歴史の現在 長島明夫
 1.引用 2.お米 3.相撲 4.先生

この本のカテゴリー

   五十嵐式: 
批評   
   関連書籍   
 
表紙「建築と日常・別冊 多木浩二と建築」+「建築と日常・号外 日本の建築批評がどう語られてきたか」セット
表紙建築と日常・別冊 多木浩二と建築
表紙建築と日常 No.2 建築の持ち主
表紙特装版 大江宏・歴史意匠論

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2022 nanyodo, All rights reserved.