トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 今和次郎 採集講義
著者名: 今和次郎、荻原正三、黒石いずみ、藤森照信、山田五郎、都築響一、内井乃生、板倉容子、大村理恵子
発行所: 青幻舎
判型: A5 ページ: 287
価格 :在庫なしのため未定
(入荷後状態によって価格設定を行います)
発行年月: 2011.11 商品コード: 86152322
 
品切 / 探求書申込扱いとなります。

高額古書  
   内容・概要   
関東大震災後、復興して行く東京の記録から始まった「考現学」。
服飾・風俗・生活デザイン―和次郎の活動をいま考察する。
昭和初期、急速に大都市化していく東京の都市環境や、人々の生活の変化をつぶさにとらえた考現学の創始者今和次郎の全貌を紹介。民家研究、住宅設計、インテリア、戦後の女子教育に大きく寄与した服飾学・生活学など活動は多領域にわたりながらも、その根底には常に、人間への慈愛と「生活芸術」を追求する眼差しがありました。
本書では、実地調査によるスケッチほか豊富な資料により、和次郎の研究活動を考察。
「デザイン」の本義を問い直します。

■目次
・カラー口絵
・ございさつ
・謝辞

・今和次郎「民家の旅」
・今和次郎の生涯とその業績 荻原正三
・モダンデザインと今和次郎 黒石いずみ

・農村調査、民家研究の仕事
・関東大震災、都市の崩壊と再生、そして考現学の誕生
・建築家、デザイナーとしての活動
・教育普及活動とドローイングのめざしたもの

・コラム
今和次郎の二つの事件 藤森照信
ミニスカートと考現学 服装史家としての今和次郎 山田五郎
今和次郎をめぐる談話 都築響一
考現学から今家政学と今先生の思い出 内井乃生

・今和次郎の文章
「津軽の民家」
「考現学とは何か」より
「土間の研究図」より
「住生活」より

・竹浪邸と鳴海邸 板倉容子
・今和次郎のドローイング 大村理恵子
・工学院大学図書館今和次郎コレクションについて

・年譜
・出展資料作品リスト
・参考文献一覧
・展覧会組織/写真クレジット

この本のカテゴリー

   五十嵐式: 
展覧会/カタログ   
   関連書籍   
 
表紙考現学入門
表紙考現学+考現学採集 復刻版 2冊セット
表紙新版 大東京案内 上・下巻セット
表紙Ahaus アーハウス No.6 今和次郎と吉阪隆正
表紙東京考現学図鑑
表紙柳田国男と今和次郎 災害に向き合う民俗学
表紙建築外の思考 今和次郎論
表紙父・吉田謙吉と昭和モダン 築地小劇場から「愉快な家」まで
表紙今和次郎「日本の民家」再訪
表紙今和次郎と考現学
暮らしの今をとらえた目と手

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2022 nanyodo, All rights reserved.