トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 建築フィールドワークの系譜 先駆的研究室の方法論を探る
著者名: 日本建築学会 編
発行所: 昭和堂
判型: B5 ページ: 136
価格(税込):¥ 3,080価格(税別):¥ 2,800
発行年月: 2019.01 商品コード: 81221731
 
   内容・概要   
現実の建築物は最良の教科書。そこに住む人々は最良の師。机上の訓練や座学をどれだけこなしても建築の技術は上達しない。とはいえフィールドワークは名人芸に近いという。どうすれば習得できるのか?この本を読めば、どこの研究室のドアを叩けばよいかが分かる。

■目次
・序 方法論としてのフィールドワーク
I 居住空間の原理を探る
1. 住居集合論 東京大学・原研究室
2. デザイン・サーヴェイと設計 東京工業大学・茶谷研究室→八木研究室
3. 日本の住宅と住宅地を変えるために 千葉大学・服部研究室
4. 半透明空間研究と高密度高複合都市研究 早稲田大学・古谷研究室

II. 集落世界をあぶり出す
5. 集まって住む 芝浦工業大学・畑研究室
6. 住まいの伝統技術 筑波大学・安藤研究室

III.都市に生きる人々の暮らしを捉える
7. 地域に世界を読む 滋賀県立大学・布野研究室
8. 住まいをめぐる価値の研究と実践 京都大学・巽研究室→眦銚Φ羲
9. 日常性、ふるまい、ネットワーク 東京工業大学・塚本研究室 アトリエ・ワン

IV. 都市に堆積した時間を紐解く
10 都市の歴史を掘り下げる 法政大学・陣内研究室
11 全球都市の分析手法を開発する 東京大学・村松研究室

V. 居住文化から建築を読み解く
12 アジアへの視線 学習院女子大学・乾研究室
13 屋根裏のコスモロジー 国立民族学博物館・佐藤研究室
14 民族建築その後 公立鳥取環境大学・浅川研究室

Column1 デザイン・サーべイというフィールドワーク 法政大学・宮脇ゼミナール
Column2 農村住宅の建築計画学的研究 大阪市立大学・持田研究室

   関連書籍   
 
表紙住居集合論I
その1/その2
表紙住居集合論II
その3/その4/その5
表紙復刻 デザイン・サーヴェイ 『建築文化』誌再録
表紙世界住居誌
表紙アンダルシアの都市と田園
表紙アトリエ・ワン コモナリティーズ ふるまいの生産
表紙Window Scape 窓のふるまい学
表紙Shuffled 古谷誠章の建築ノート
表紙アジア建築研究
トランスアーキテクチャー/トランスアーバニズム
表紙Structural Genius
Bawo mataluo Village, Nias Island

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2021 nanyodo, All rights reserved.