トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: ル・コルビュジエ事典
著者名: ジョルジュ・ポンピドー・センター 編、ジャック・リュカン 監修、加藤邦男 監訳
発行所: 中央公論美術出版
判型: A4 ページ: 800
価格 :在庫なしのため未定
(入荷後状態によって価格設定を行います)
発行年月: 2007.03 商品コード: 80550540
 
品切 / 探求書申込扱いとなります。

低額古書  
   内容・概要   
ポンピドーセンター企画による「ル・コルビュジエ事典」待望の日本語版です!

ポンピドーセンターの企画のもとに、フランス国内外の最高の執筆者による高度の内容の論考を募り、ル・コルビュジエの生誕百年を記念すべき一大文化・学術事業として、フランスの文化省が威信をかけて刊行。20世紀最大の建築家といわれるル・コルビュジエの著作や作品、その批評やそれらが全世界へ及ぼした影響などに関係する145の主要な項目について、各国の代表的研究者61名による詳細で学術的な論考をアルファベット順に配列。項目はル・コルビュジエの広範で精力的な創作・著作活動の全分野にわたる的確なものが選ばれている。ル・コルビュジエ財団の貴重な資料を十分に活用した、カラー54点、モノクロ547点の図版・写真と図面により、資料的価値を一層深めている。ル・コルビュジエ関連の書物としてはもちろん、芸術・文化事業としても類を見ない決定版事典の完全日本語版。ル・コルビュジエ年代記付き。
■主要項目一覧
・アルジェ 地中海からの呼びかけ/・ドイツ 影響、交流、そして絶交/・「ラルシテクチュール・ドジュルデュイ」誌/・建造者のアトリエ/・バルセロナ ル・コルビュジエとGATEPAC/・苫屋 カップ・マルタンのとても小さな家/・手帖/・ツェントロソユーズ/・チャンディーガル それはなおも建築巡礼の地たりうるのか?/・CIAM 整理棚に整頓された詩情/・色彩 建築の色彩化をめざして/・装飾(1925) 白色の濃さが問題なのだ/・室内装備 住まう術へのル・コルビュジエの貢献/・公共空間 近代都市のなかの新しい空間/・「レスプリ・ヌヴォー」誌 建築と宣伝/・人間形成期 ラ・ショー=ド=フォン工芸学校/・工業 標準とエリート シトロアン・シンドローム/・ジュネーヴ 結びつきと計画/・ジャンヌレ、ピエール/・イムーブル=ヴィラ 型の様々な起源/・室内整備 マルセイユのユニテ・ダビタシヨン、1946-1952/・ルシュール型住宅 ルシュール法へのル・コルビュジエの回答住むための機械/・マルセイユ 都市計画、1943-1951/・円熟 近代的なものとアルカイックなもの、あるいは晩年の作品/・モデュロール ある寸法体系/・芸術運動:印象主義、表現主義、未来派/・ムンダネウム/・国際連盟本部 国際設計競技、1926-1931/・逆説 ル・コルビュジエの修辞、あるいは独学者の逆説/・パリ 首都諸計画案、1925-1961/・レスプリ・ヌヴォー館、1925/・オザンファン(アメデ)/・絵画 1930年以後/・ペレ、オーギュスト 機械主義時代の二人の英雄、あるいはバトンタッチ
・ペリアン、シャルロット/・ピロティ/・ピュリズム デッサンと絵画 探求とひとつの言語の進化、1918-1925/・輝く都市/・ロンシャンの礼拝堂 過去の教訓/・リュ・ド・セーヴル35番地 舞台裏/・ヴィラ・サヴォワ/・彫刻/・諸芸術の統合 二重の逆説/・国土 新しい都市プラン、南米のエスキス、アルジェのオビュ計画/・ラ・トゥーレット修道院 あるプロジェクトのアルケオロジー/・UAM 現代芸術家同盟/・ユニテ・ダビタシヨン マルセイユ=ミシュレの最初の実現作品、1945-1952/・都市計画 最初の考え 「都市の建設」の未刊の草稿/・ソヴィエト連邦 モスクワでのル・コルビュジエ/・アメリカ合衆国 臆病者たちの国でのル・コルビュジエ/・ヴォワザン計画/・1907年の旅 イタリアへの旅/・1911年の旅 東方への旅
■訳者紹介
・監訳者
加藤邦男京都大学名誉教授
・訳者
黒岩俊介広島工業大学助教授
白井秀和福井大学教授
松政貞治富山大学教授
ほか8名

この本のカテゴリー

   五十嵐式: 
ル・コルビュジエ   
   建築家: 
ル・コルビュジェ   

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2021 nanyodo, All rights reserved.