トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 近代日本の空間編成史
著者名: 中川理 編著
発行所: 思文閣出版
判型: A5 ページ: 528
価格(税込):¥ 8,580価格(税別):¥ 7,800
発行年月: 2017.04 商品コード: 78421891
 
   内容・概要   
わが国戦前の空間はどのように編成されてきたのか。
それは重要な研究課題であるにもかかわらず、従来、個別の事業史の議論にとどまる傾向にあった。本書はそうした状況を乗り越え、日本の近代化過程という歴史全体のなかで議論することを掲げ、インフラストラクチャーと制度や政治、あるいは共同体などとのかかわりを考究。建築史、都市計画史、土木史、造園史、歴史学など歴史的研究に携わる一線の研究者が、広くわが国の空間変容の実相を描き出す。

■目次
・序章 近代日本の空間編成史の試み 中川理

・第吃堯\效任継続か
   東京市区改正計画の具体化に関する一考察 松山恵
   開港地建築家ブリジェンスの足跡 大田省一


・第II部 併存する統治
   「軍都」の形成と都市基盤 第九師団管下金沢の事例を中心に 本康宏史
   神戸背山の開発と風致保護 部落有林野の解体と山地の近代化 山口敬太
   財閥組織と都市経営 三菱財閥の「丸の内」 野村正晴


・第III部 統制的システムの構築
   基盤編成の一九三〇年代―昭和恐慌下の三陸漁村と津波復興 青井哲人・岡村健太郎・石榑督和
   戦時下広畑一帯の工業開発と新興工業都市計画 中野茂夫
   植民地期「京城」の工業都市化と都市計画 石田潤一郎・金珠也

・第IV部 システムの内と外
   近代都市計画の技術的基盤 土木技師・梶山浅次郎にみるその体現 木方十根・味園将矢
   朝鮮巨大電源開発の系譜 大井川から赴戦江へ 谷川竜一
   郊外住宅地開発に見られた方位観と寺院の誘致 中川理

・第紘堯“鷂共の回収
   植民地朝鮮の公設洗濯場の施設計画をめぐって 砂本文彦
   帝都における風致地区 丸山宏
  風景の「近代化」 瀬戸内海風景の発見と創建 小野芳朗


トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2021 nanyodo, All rights reserved.