トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 新装版 最高に心地のいい住宅をデザインする方法
著者名:
発行所: エクスナレッジ
判型: B5 ページ: 319
価格(税込):¥ 2,640価格(税別):¥ 2,400
発行年月: 2013.03 商品コード: 76781763
 
   内容・概要   
素材の力、吹抜け、内外の一体感、狭小敷地、二世帯住宅など7つのキーワードから50事例の住宅設計術を紹介する。

■目次
1. 素材の力を引き出す設計術
・カバザクラの感触、多彩な表情の木質空間 岸本和彦
・集成材の柱・梁を現しにして家具は造り付け 若松均
・スギ集成材の「もくばん」で組む「じくばん造」 須永豪
・無垢の木と漆喰で暮らしをつ包み込む 熊澤泰子
・スギ材の風合いを活かして周辺との調和を図る 石井秀樹 ほか
2. 吹き抜けを効果的に生かす設計術
・吹抜けのLDに面して各部屋を立体的に配置 森博
・十字型吹抜けでつながりと伸びやかさを両立 横田典雄+川村紀子
・天窓のある吹抜けの廻りを部屋が取り囲む 冨永謙
・5つの吹抜けが内と外を結び光を呼ぶ 田井勝馬
・吹抜けを中心に幾層ものレイヤーを仕掛ける 横山敦士
3. スキップフロアで空間を有効に使う設計術 ほか
・天井懐や床下に着目して様々な床レベルをつくる 森清敏+川村奈津子
・4層のスキップフロアの立体的なワンルーム 柏木学+柏木穂波
・敷地を二分して左右のレベル差をつける 田井幹夫
・床下収納を利用したスキップフロア 明野岳司+明野美佐子
・敷地の段差を活かして様々な床レベルをつくる 彦根アンドレア ほか
4. 内と外の一体感をつくりだす設計術
・川辺の風景と清涼感を受け入れる開口部 川畑昌弘
・大きな庇を設けて内外の境界を曖昧にする 飯塚豊
・RC造の棟が内外を立体的につなぐ 西久保毅人
・建物の存在を抑えて風景に溶け込ませる 郡裕美+遠藤敏也
・悪条件の敷地と好条件の竹林を建築で融合 谷尻誠 ほか
5. 敷地全体を居住空間にする設計術
・中庭を囲むプランで水平の抜けを確保 山中祐一郎+野上哲也
・全室を壁と縦格子で囲まれた中庭に開く 彦根明
・南北2つの「庭」は内部空間の延長 廣部剛司
・ROJIを家の中心に置き一体感をつくりだす 安藤毅
・内外を巡る廻遊同線で敷地を有効に使う 横堀健一+コマタトモコ ほか
6. 狭小敷地に建つ家を豊かにする設計術
・耐震壁にもなる「斜め柱」で広がり感をつくる 佐藤宏尚
・ドライエリアを奥に設けてアプローチを長く 田井幹夫
・7つの空間を分断しながら階段でつなぐ 山縣洋
・「フラップライト」で家全体に光を導く 河野有悟
・周囲の自然とつながる可変性のある構成 高野保光 ほか
7. 二世帯住宅を住みやすくする設計術
・賃貸転用を視野に入れた親子完全分離型 庄司寛
・2つの入口を離して適度な距離感を持たせる 杉浦英一
・南北を貫く玄関廻りで風、光、気配を共有 安藤和浩+田野恵利
・専用階を確保しながら時間帯で使い分ける 臼井徹

この本のカテゴリー

   建築用途: 
独立住宅   
   関連書籍   
 
表紙最新版 最高に美しい住宅をつくる方法
表紙最高の住宅をデザインする方法
プランニングからディテールまで 新装版
表紙快適空間づくり 住宅設計のレッスン
表紙新装版 日本の住宅をデザインする方法 1
表紙精緻なディテール満載 住宅断面詳細図集
表紙断面パースで読む住宅の「居心地」
表紙センスを磨く!住宅デザインのルール 150のデザインテクニック
表紙最高に美しい住宅をつくる方法2
表紙新しい住宅デザイン図鑑 改訂版
表紙とっておき住宅デザイン図鑑

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2024 nanyodo, All rights reserved.