トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: タクティカル・アーバニズム 小さなアクションから都市を大きく変える
著者名: 泉山塁威・田村康一郎・矢野拓洋・西田司・山崎嵩拓・ソトノバ 編著
発行所: 学芸出版社
判型: A5 ページ: 256
価格(税込):¥ 2,970価格(税別):¥ 2,700
発行年月: 2021.06 商品コード: 76152769
 
   内容・概要   
都市をアップデートする「戦術」を実装する

個人が都市を変えるアクションを起こす時、何から始めればよいのか。都市にインパクトを与え変化が定着するには何が必要なのか。本書は、小さなアクションが拡散し、制度を変え、手法として普及し、社会に定着するアプローチを解説。アメリカと日本の都市の現実に介入し、アップデートしてきた「戦術」を解読、実装しよう。

■目次
・はじめに:タクティカル・アーバニズムの日本的意義 泉山塁威
・タクティカル・アーバニズムとは
 マイク・ライドン/アンソニー・ガルシア/翻訳・編集:田村康一郎

・タクティカル・アーバニズムを読み解く視点
 ニューアーバニズムなき日本のタクティカル・アーバニズム 中島直人
 プレイスメイキングの手法としてのタクティカル・アーバニズム 田村康一郎
 都市プランニングの変革とタクティカル・アーバニズム 村山顕人
 政策・計画へつなぐ実験・アクションの戦略 中島伸
 建築家が都市にコミットするための実践的アプローチ 西田司

・小さなアクションを始める
 小さなアクションの始め方 山崎嵩拓
 東京ピクニッククラブ(東京):まちに参加する創造力を高める 太田浩史
 アーバンパーマカルチャー(世界各地):消費者を生産者へ変える暮らしのデザイン 鈴木菜央/岡澤浩太郎
 COMMUNE(東京):都市の余白の使い方をアップデートし続ける 松井明洋
 PUBLIC LIFE KASHIWA(柏):仮設の公共空間をまちの居場所にする 安藤哲也
 みんなのひろば(松山):まちに日常の賑わいをもたらす拠点 尾信
 定禅寺通(仙台):ストリート活用から都心の回遊性の創出へ 榊原進
 MIZUBE COMMON(和歌山):水辺の使いこなしからエリアのリノベーションへ 岩本唯史

・長期的変化をデザインする
 長期的変化をデザインする 泉山塁威
 歩行者中心にシフトし始めた道路政策 池田豊人
 ストリートデザインガイドラインの舞台裏 今佐和子
 人間のためのストリートをつくる制度のデザイン 渡邉浩司
 北浜テラス(大阪):民間主導の水辺のリノベーション 泉英明
 URBAN PICNIC(神戸):公民連携による戦術的パークマネジメント 村上豪英
 池袋グリーン大通り(東京):社会実験から国家戦略特区へ 泉山塁威
 御堂筋(大阪):トライセクターで都市の風景を変える 忽那裕樹

・まちのプレイヤーをつくる
 まちのプレイヤーをつくる 矢野拓洋
 URBANING_U(東京):個人ができる小さな都市計画 笠置秀紀/宮口明子
 橋通りCOMMON(石巻):都市の共有化をローカライズする 苅谷智大
 HELLO GARDEN(千葉):暮らしをアップデートする実験広場 西山芽衣

・タクティカル・アーバニズムのメソッド
 マイク・ライドン/アンソニー・ガルシア/翻訳・編集:矢野拓洋
 プロジェクトの10 ステップ
 五つのスチュワードシップモデル
 プランニングの五つのフェーズ
 住民参加型ワークショップのフレームワーク
 神田でのワークショップの実践

・おわりに

   関連書籍   
 
表紙エリアマネジメント・ケースメソッド 官民連携による地域経営の教科書
表紙楽しい公共空間をつくるレシピ プロジェクトを成功に導く66の手法
表紙Public Produce 「公共的空間」をつくる7つの事例
表紙PUBLIC HACK 私的に自由にまちを使う

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2021 nanyodo, All rights reserved.