トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 場のデザイン
著者名: 槇文彦/三谷徹・編著
発行所: 彰国社
判型: 190×190 ページ: 195
価格(税込):¥ 2,970価格(税別):¥ 2,700
発行年月: 2011.03 商品コード: 39501245
 
   内容・概要   
人間にとっての第二の自然であるまち・都市における場づくりは、単なる個別のデザインの集積にとどまるものではない。それは、従来の建築、造園、土木、アートの枠組みを越えたものであり、相互の会話を成り立たせる共通のデザイン作法が必要となる。本書は、建築家・槇文彦とランドスケープアーキテクト・三谷徹の20年近くにわたる協同プロジェクトをベースとした対談、風景、庭、アートプロジェクトにかかわるデザイナーたちとの対論からなる。ときに設計プロセスに深く切り込み、風景とデザインのかかわりを語り、ときに建築と土木デザインの密接なかかわりを歴史にたどり、さらにアートプロジェクトとまちおこしにふれる。
■目次
・まえがき ランドスケープアーキテクトとの出会い 槇文彦
・I 場へのまなざし 対談:槇文彦×三谷徹
・II ゲストと語る場づくりの作法
風景をつくる(ゲスト 篠原修)/内と外をつなぐ(ゲスト デイビッド・バック)/アートと場が出会う(ゲスト 北川フラム)/ランドスケープのものさし
・III 槇文彦をめぐるランドスケープ考 三谷徹
槇文彦との仕事/「面」への挑戦、ランドスケープの形態言語/空間の文学 モダニズムが回避したもの/現象のデザイン 生まれ消えゆくもの
・あとがき 現代の庭に向けて 三谷徹

この本のカテゴリー

   建築用途: 
公園・ランドスケープ   
   建築家: 
槇文彦   
   関連書籍   
 
表紙ランドスケープの近代 建築・庭園・都市をつなぐデザイン思考
表紙モダンランドスケープアーキテクチュア
表紙Fumihiko Maki 槇文彦
表紙新建築別冊 IN PROGRESS FUMIHIKO MAKI OVERSEAS 槇文彦 最新海外プロジェクト
表紙現代の建築家 槇文彦 第4集 1993-1999
表紙新装版 都市と建築のパブリックスペース
ヘルツベルハーの建築講義録
表紙造園植栽術
表紙漂うモダニズム

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2022 nanyodo, All rights reserved.