トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 復刻版 日本建築宣言文集
著者名: 藤井正一郎/山口廣・編著
発行所: 彰国社
判型: B6 ページ: 416
価格(税込):¥ 3,080価格(税別):¥ 2,800
発行年月: 2011.09 商品コード: 39501237
 
   内容・概要   
本書は、伊東忠太の「アーキテクチュールの本義」(1894年)にはじまり、設計体制の変革と創造力の解放をめざした戦後の「五期会宣言」(1956年)までを一冊でたどる。「アーキテクチャー」のもつ文化や技術面の受容の仕方、構造と意匠の対立、建築家職能論、社会主義と国家主義、さらに日本的なるものの再評価など、いまなお日本の建築界が抱える難題が鮮やかに浮かび上がってくる。日本近代の建築の歴史を知ることは、これからの建築を構想することへとつながる。

■目次
●明治
アーキテクチュールの本義 伊東忠太/議院建築の方法に就て 辰野金吾ほか/台湾総督府庁舎設計競技結果に対する「上申書」 長野宇平治/建築進化の原則より見たる我邦建築の前途 伊東忠太/我国将来の建築様式を如何にすべきや 関野貞ほか/建築家の覚悟 佐野利器
●大正
建築士会創立主旨/鉄筋コンクリートに於ける建築様式の動機 後藤慶二/建築非芸術論 野田俊彦/「虚偽建築」論争 中村達太郎・山崎静太郎/後藤慶二/創造の根源 板東義三/議院建築コンペ批判 野田俊彦・中村鎮/分離派建築宣言/分離派建築界批判 岡田信一郎・野田俊彦・高橋寿男/芸術と建築との感想 堀口捨己/マヴォ宣言/創宇社宣言
●昭和(敗戦前)
日本インターナショナル建築会宣言/合理主義反省の要望 岡村(山口)蚊象/訳書「建築士及其職責」序文 長野宇平治/唯物史観建築史創設の必要と建築の本質について 原沢東吾/ル・コルビュジエ検討 谷口吉郎/新興建築家聯盟宣言/東京帝室博物館建築設計懸賞に対する応募拒否声明 日本インターナショナル建築会/負ければ賊軍 前川国男/日本青年建築家聯盟(JAF)主張/建築と建築生産ー建築の正しき把握のために DEZAM/新建築様式の積極的建設 前川国男/青年建築家クラブよびかけ/日本に於ける折衷主義建築の功禍 村野藤吾/「日本的なもの」とは何か 瀧澤眞弓/日本工作文化聯盟趣意書・綱領/日本折衷主義と我国の建築運動 西山夘三/MICHELANGELO頌 丹下健三/覚え書ー建築の伝統と創造について 前川国男/日本国民建築様式の問題ー建築学の立場から 浜口隆一
●戦後概観(五期会まで)
敗戦直後における民主建築運動/新日本建築集団(NAU)/「ヒューマニズムの建築」論争/日本新建築の課題/住宅計画における民族的伝統と国民的課題/ハンガリーの建築論争をめぐって/国会図書館事件/建研連の結成と活動/現代建築の創造と日本建築の伝統/縄文的なるもの、五期会宣言

   関連書籍   
 
表紙近代日本建築学発達史(復刻版)全2冊
表紙思想としての日本近代建築
表紙岩波現代文庫 日本近代建築の歴史
表紙日本の建築 明治・大正・昭和 全10巻セット
表紙日本近代思想大系19 都市 建築
表紙日本建築家山脈 (復刻版)
表紙分離派建築会100年 建築は芸術か?

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2021 nanyodo, All rights reserved.