トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 戦後東京と闇市 新宿・池袋・渋谷の形成過程と都市組織
著者名: 石槫督和
発行所: 鹿島出版会
判型: A5 ページ: 410
価格(税込):¥ 5,940価格(税別):¥ 5,400
発行年月: 2016.09 商品コード: 30607328
 
   内容・概要   
あの一等地はいかに形成されたのか?

世界屈指の繁華街、新宿・池袋・渋谷駅一帯の景観は、戦後復興期の変容にもとづく。闇市を原形に、都市の構造変化を解明した、近現代都市史研究の俊英による、副都心ターミナル近傍の形成史。


■目次
・はじめに
・序章 東京のターミナルと闇市
 東京のターミナル/戦後東京の闇市
 都市組織の動きを読む/本書の視点と構成
・I 東京のターミナルの形成と駅前広場
 東京の鉄道網の形成過程/ターミナル近傍の基盤整備計画と事業
・II 四組のテキ屋が組織した闇市の盛衰 新宿の戦災復興過程
 テキ屋と建設産業によるマーケット建設とその整理
  新宿駅東口駅前街区の戦災復興過程
 和田組マーケットの誕生・変容・移転
 戦災復興土地区画整理事業と三越の土地集積
 新宿東口民衆駅の計画と建設
 都市計画と闇市の相克 新宿駅西口の戦災復興過程
 新宿の露店と露店整理事業
 テキ屋から有力資本へ
・III 一主体が所有する広大な土地が支えた池袋の戦災復興過程
 池袋駅東口の戦災復興と根津山
 マーケットの持続と遅延した戦災復興土地区画整理事業
 大規模な土地が規定した池袋の戦災復興

・IV 地主が開発したマーケットの簇生と変容 渋谷の戦災復興過程
 マーケット化する街道沿いと線路沿い
 東急所有地の戦災復興 マーケットから東急文化会館へ
 立体化する駅と駅前 渋谷駅ハチ公口周辺の戦災復興過程
 住宅地から繁華街へ 渋谷駅西口周辺の戦災復興過程
 道玄坂三角地帯の戦災復興過程
 地権者が開発したマーケットと渋谷を立体的につないだ東急の開発
・結章 所有と占有からみる都市史
 ターミナルと闇市
 ターミナルと有力資本
 ターミナルを中心とした都市形成
 闇市と戦災復興土地区画整理次号
・補遺 復原図作成に使用した資料と作成手順

   関連書籍   
 
表紙盛り場はヤミ市から生まれた・増補版
表紙視覚都市の地政学−まなざしとしての近代
表紙都市計画家 石川栄耀
都市探究の軌跡
表紙東京の都市計画家 高山英華
表紙帝都復興と生活空間
関東大震災後の市街地形成の論理
表紙繁華街の近代 都市・東京の消費空間
表紙〈ヤミ市〉文化論
表紙マーケットでまちを変える 人が集まる公共空間のつくり方
表紙生き延びる都市 新宿歌舞伎町の社会学
表紙東京のヤミ市

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2022 nanyodo, All rights reserved.