トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 建築と都市の保存再生デザイン 近代文化遺産の豊かな継承のために
著者名: 田原幸夫+笠原一人+中山利恵 編
発行所: 鹿島出版会
判型: A5 ページ: 265
価格(税込):¥ 3,520価格(税別):¥ 3,200
発行年月: 2019.03 商品コード: 30604673
 
   内容・概要   
近代建築を使いながら保存していくために、文化遺産としての価値を守りつつ、現代に適した性能をいかに付加するか。

近年、既存建物のリノベーションが注目を集めており、近現代建築の保存再生というテーマがより身近なものになってきているが、歴史と現代が調和した真に豊かな都市環境づくりには、まだほど遠い状況にある。既存建物の価値を十分に理解していないと思われる、奇妙な保存再生例が都市には溢れている。より多様な既存建物のリノベーションにおいても、優れた「保存再生デザイン」が求められているのである。(序論より)

■目次
序論 建築と都市の現在 田原幸夫
1章  基本編 材料から考える
   煉瓦造近代建築 田原幸夫
   鉄筋コンクリート造近代建築 笠原一人
木造近代建築 中山利恵
近代建築の保存再生デザインにおける共通の課題
田原幸夫+笠原一人+中山利恵

2章 実践編 現代における課題
   建築史研究と保存再生デザイン 石田潤一郎
   文化財行政と保存再生デザイン 北河大次郎
   文化財構造物への構造補強の考え方とデザイン 冨永善啓

3章  座談会 Monument からLiving Heritage へ
   清水重敦+中川 理+中山利恵+笠原一人+田原幸夫
   オーセンティシティとインテグリティを考える
   近代文化遺産における活用について考える

資料 文化遺産に関する憲章・宣言集
あとがき 笠原一人+中山利恵
「建築都市保存再生学コース」シンポジウム・特別研究会・特別講義の記録

この本のカテゴリー

   ノウハウ: 
保存   
   関連書籍   
 
表紙日本近代建築家列伝 生き続ける建築
表紙保存原論 日本の伝統建築を守る
表紙身近なところからはじめる建築保存
表紙都市遺産の保存研究
表紙近代建築保存の技法
表紙ジェームズ・マーストン・フィッチ論評選集 建築・保存・環境
表紙時がつくる建築 リノべーションの西洋建築史
表紙プロが読み解く 増改築の法規入門 増補改訂版
表紙論より実践 建築修復学
造形ライブラリー08
表紙時間の中のまちづくり 歴史的な環境の意味を問いなおす

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2022 nanyodo, All rights reserved.