トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 丹下健三を語る 初期から1970年代までの軌跡
著者名: 槇文彦・編著/神谷宏治・編著
発行所: 鹿島出版会
判型: A5 ページ: 360
価格(税込):¥ 4,180価格(税別):¥ 3,800
発行年月: 2013.07 商品コード: 30604591
 
   内容・概要   
丹下健三生誕100周年記念刊行。

戦後日本の建築デザインを世界に知らしめた巨匠・丹下健三。主に1945年〜70年代に焦点をあて、その人と作品、活動の軌跡を座談会やインタビューにより明らかにする。W・グロピウスとの往復書簡も紹介する。

今回私たちが先生の生誕100周年を記念して出版しようと企てたので、主として座談会ないし対話による「丹下健三論」の作成である。出席者の話し合いの中から、今まで記されることのなかった事実や評価が浮かび上がり、新にそれらが記述されている(はじめにより)
■目次
・I 丹下健三をめぐる言説
 世界の中での存在感 槇文彦+中村敏男+藤森照信+古市徹雄+豊川斎赫
 丹下研究室の黎明期 神谷宏治+松本哲夫+西原清之+豊川斎赫
 超多忙な時代の中で 神谷宏治+荘司孝衛+阿久井喜孝+豊川斎赫
 世界に誇る傑作の誕生 神谷宏治+室橋正太郎+川口衛+岡村幸一郎+曽根幸一+豊川斎赫
 代々木競技場第一体育館の構造設計、六つの問題と解決経緯 川口衛
 丹下健三の業績が発する現代へのメッセージ 隈研吾+倉方俊輔+藤村龍至+豊川斎赫 聞き語り調書 丹下研究室のアーバンデザイン1960-1970楽屋の表と裏 八束はじめ
 架空座談会 ゲートルを巻いた丹下健三 磯崎

・カラー写真構成

・II オーラルヒストリー 丹下健三との仕事
 写真好きな丹下先生 村井修+八束はじめ
 建築と芸術のコラボレーション 千葉一彦+中田捷夫+千葉学+神谷宏治+豊川斎赫
 バッキーとイサムとタンゲ 貞尾昭二+豊川斎赫

・スケッチ構成 

・Part掘 ̄復書簡 丹下健三×ウォルター・グロピウス
  ヒューマニズムとユルバニスムを照射する伝統論 豊川斎赫

この本のカテゴリー

   建築家: 
丹下健三   
   関連書籍   
 
表紙CasaBRUTUS 特別編集 丹下健三を知っていますか? KENZO TANGE'S DNA
表紙Kenzo Tange Architecture for the World
表紙群像としての丹下研究室 戦後日本建築・都市史のメインストリーム
表紙メタボリズムの未来都市
表紙プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る 日本語版
表紙復刻版 人間と建築 デザインおぼえがき
表紙復刻版 建築と都市 デザインおぼえがき
表紙丹下健三とKENZO TANGE
表紙芸術新潮 2013年8月号 磯崎新が読み解く知られざる丹下健三
表紙丹下健三 伝統と創造
瀬戸内から世界へ

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2021 nanyodo, All rights reserved.