トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: アンリ・ヴァン・ド・ヴェルド自伝
著者名: アンリ・ヴァン・ド・ヴェルド/小幡一・訳
発行所: 鹿島出版会
判型: A5 ページ: 593
価格(税込):¥ 9,350価格(税別):¥ 8,500
発行年月: 2012.04 商品コード: 30604571
 
   内容・概要   
モダンデザインの青春と事件を証言する大回顧録、待望の邦訳。アール・ヌーヴォーを生み、バウハウス設立を導いた巨人の悲喜劇と信念。550名の登場人物が織りなす壮大なドラマは、臨場感あふれるモダンデザイン創世記。

■目次
・日本語版刊行によせて ジークフリート・エンダース
・訳者まえがき
・第一章 幼少年時代
・第二章 画家としてアントウェルペンからパリへ
・第三章 ふたたびベルギーへ 困難と危機
 孤独な時代/新しい理念との接触/若き「レ・ヴァン」のメンバーとして
 カルムトハウトの「フォーヘレンザンフ邸」/画家への道を断念――応用芸術への道
 雑誌『ヴァン・ニュー・エン・ストラックス』/「天使の見守り」
 マラルメとヴェルレーヌのふたりとの出会い
・第四章芸術家としての使命
 マリア・セートゥとの交際と結婚/アントウェルペンとブリュッセルでの講義
 テオ・ファン・ゴッホ未亡人を訪ねる/最初の工芸品のデザイン
 「新しい大学」の教師として/建築への第一歩
 サミュエル・ビング、ユリウス・マイヤー=グレーフェそして「アール・ヌーヴォー」とパリの展覧会(一八九五〜九六年)
 自邸「ブルーメンウェルフ」とトゥルーズ=ロートレックの訪問
 C・ピサロからの一通の手紙
・第五章 一八九七年――ドレスデンとベルリン
 一八九七年ドレスデン美術工芸展/コンスタンチン・ムーニエとドレスデンへ
 ムーニエとベルリンへ
・第六章 初期の反響――広がる仕事の領域
 一八九八年ミュンヘン――宮廷訪問/婦人服の革命
・第七章 ブリュッセルとベルリンの間で
 ハリー・ケスラー伯爵との出会い/コルネリア・リヒター邸での講演
 ブリュッセルそれともベルリン?/ブリュッセルのコブデン=サンダーソン
 カール・エルンスト・オストハウスとの出会い/ベルリンへの移住
・第八章 ベルリンの世紀末
 ベルリンの空気/エリーザベト・フェルスター=ニーチェ夫人を訪ねる
 ベルリンでの生活/ワイマールへの招聘
・第九章 ワイマール その一 創造の絶頂期へ
 「美術工芸ゼミナール」/ユーゲントシュティル/大公の母君の供で視察旅行
 『美術工芸の素人説法』とフォルクヴァンク美術館
 ワイマール宮廷にて/ワイマールのケスラー伯爵/ベルヴェデーレ城での知的生活
 「ハンブルク―アメリカ航路」のための客船設計とアジア旅行
 皇帝の侮辱/若き大公妃/一九〇三年「ドイツ芸術家連盟」の結成
 ニーチェ文庫/「新生ワイマール」/ある高貴な変人
 大公妃の悲劇的な結末/ルイーズ・ドゥモンのための劇場計画
 建築家シグルド・フロステルス/新しい宮廷劇場?
 一九〇五年パリへ――ワイマールのゴードン・クレイグ
・第一〇章 ワイマール その二 ――決定的な仕事と事件
 一九〇六年「ドイツ芸術家連盟展」をロンドンで開催
 「一九〇六年ドレスデン美術工芸展」についての論争
 「ホーヘンホーフ」/ケスラーの失脚/ワイマール美術工芸学校
 「ホーヘ・パプラン邸」/ワイマールの婦人たち/巡回展覧会
 芸術理論に関する文章/イエナのアッベ記念堂/ドイツ工作連盟
・第一一章 ワイマール その三――失望と破局
 一九一〇年ブリュッセル世界博覧会/リガの牧師館
 パリの「シャンゼリゼ劇場」/ガブリエーレ・ダヌンツィオとの出会い
 第一次世界大戦勃発前/ニーチェ記念碑の設計
 一九一四年ケルンのドイツ工作連盟劇場
 ドイツ工作連盟の議論/すべてに対する疑惑
 辞任、第一次世界大戦勃発そしてワイマール期の終わり
 アルフレート・ワルター・ハイメルの死/戦時下のワイマールにて
 ドイツ生活の終わり
・第一二章 スイスでの出来事 一九一七〜一九二〇年
 ベルンとチューリッヒでの芸術家や知識人たちとの交流――ルネ・シッケレ
 エルンスト・ルードヴィヒ・キルヒナーを訪ねる
 社会主義者カミーユ・ユイスマンス、アンネッテ・コルプ、フェルッチオ・ブゾーニ、 ケスラー伯爵たちとの出会い
 ベルンとチューリッヒにおける講演――クラーレンスへの移住
 フランス・マゼレールとロマン・ロラン/ウットヴィル
・第一三章 オランダのクレラー=ミュラー夫妻のもとへ
・第一四章 ベルギーへの帰国:公職につく
 ブリュッセルの研究所(ISAD)/七〇歳の誕生日
 ヘンドリック・デ・マンとOREC/一九三七年パリ世界博覧会
 一九三九〜四〇年ニューヨーク世界博覧会/ゲント大学図書館の建設
 第二次世界大戦――ベルギーの終末
・第一五章 一九四七〜五七年 オーバーエゲリでのエピローグ
・解説:芸術家 アンリ・ヴァン・ド・ヴェルド クラウス=ユルゲン・ゼムバッハ
・編者解題 ハンス・クルイェル
・訳者のことば

   関連書籍   
 
表紙図説 アール・ヌーヴォー建築
華麗なる世紀末
表紙田原桂一 「世紀末建築」 1 アール・ヌーヴォー
フォトアート・ライブラリ
表紙ベルギー・ブリュッセル クラシックな街歩き
表紙アルヴァー・アールト エッセイとスケッチ 新装版
表紙オルタ・ハウス 1901 ヴィクトル・オルタ 
ワールド・アーキテクチャー
表紙装飾と犯罪 (新装普及版)
表紙「クッションから都市計画まで」 ヘルマン・ムテジウスとドイツ工作連盟
ドイツ近代デザインの諸相1900-1927
表紙虚空へ向けて 1897-1900 アドルフ・ロース著作集1
表紙MA1 モダン・アーキテクチュア 1851-1919 近代建築の黎明

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2021 nanyodo, All rights reserved.