トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: サンゴバン ガラス・テクノロジーが支えた建築のイノベーション
著者名: 三宅理一 監修、中島智章、前島美智子
発行所: 武田ランダムハウスジャパン
判型: A5 ページ: 247
価格(税込):¥ 1,320価格(税別):¥ 1,200
発行年月: 2010.08 商品コード: 27000591
定価:¥ 3,200
 
特価書籍
   内容・概要   
サンゴバン(Saint Gobain)はヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」を造るために1665年に設立された王立ガラス工場が出発点で、19世紀の産業革命の中でイギリスのクリスタル・パレス、パリのグラン・パレなどの名建築を手掛け、ヨーロッパのガラス技術の粋をきわめた。現在では、断熱材、ガラス、プラスチックス、耐火材、研磨材など多岐にわたる事業で、30年以上も前から日本国内の企業と合弁会社を設立しており、それぞれのパートナーが強みとするマーケティング力、技術力、デザイン力を効果的に引き出している。
本書は、その350年の歴史と企業思想やエピソードを、豊富な図編・資料を用いて紹介。

■目次
・第1部 鏡の技術革新と新しいインテリア
 1.コルベールの殖産興業政策と鏡の国産化
 2.ヴェルサイユ宮殿・鏡の間
 3.故コルベール派とルーヴォワ派の競争と統合
 4.鏡を用いたインテリアの流行とガラス事業再編
 5.市場の充実と近代的な工場経営の確立
・第2部 産業革命と万国博覧会
 1.産業革命の時代
 2.企業合併への道
 3.技術革新と技術連鎖
 4.都市生活とガラス
 5.ガラスの大架構
・第3部 飛躍するガラス・テクノロジーとモダン・デザイン
 1.技術のイノベーション
 2.戦後のグローバル化と技術革新
 3.ガラスの時代へ
 4.環境時代を迎えて

この本のカテゴリー

   ノウハウ: 
材料・素材・仕上   
   関連書籍   
 
表紙図説 ヴェルサイユ宮殿
太陽王ルイ14世とブルボン王朝の建築遺産
表紙図説 ヴェルサイユ宮殿 太陽王ルイ14世とブルボン王朝の建築遺産
表紙SD 1997年10月号 特集 ガラス建築

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2022 nanyodo, All rights reserved.