トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 町並み保存運動の論理と帰結
著者名:
発行所: 東京大学出版会
判型: A5 ページ: 506
価格(税込):¥ 8,800価格(税別):¥ 8,000
発行年月: 2018.02 商品コード: 13056114
 
   内容・概要   
日本における歴史的景観保存運動のさきがけとなった小樽運河。当事者たちの語りを丹念に追いつつ、開発がある種の必然でもあった都市の社会史、住民たちの語りが共同性を得てゆくプロセス、今日に至る観光都市化のアンビバレンツをも複層的に見つめ、町並み保存の「意味」を問う。著者による33年間のフィールドワークが結実した、圧倒的なモノグラフ。

■目次
第1章 なぜ景観を保存するのか−問題の所在と分析の方法
第2章 対象としての歴史的環境−町並み保存運動の勃興とその意味
第3章 札幌を恨む都市−港湾商業都市・小樽の都市史
第4章 変化の論理−小樽市行政にとっての運河問題
第5章 保存の論理−保存運動にとっての運河問題
第6章 小樽は何を得て、何を失ったのか−「ポスト運河論争」期の景観変化
第7章 保存とは変化することである
[資料篇] 現地調査実施記録/小樽運河問題関連年表/調査対象地区図面/小樽景観変化定点観測調査・集計一覧/建物利用状況経年変化調査

この本のカテゴリー

   ノウハウ: 
保存   
   関連書籍   
 
表紙証言・町並み保存
表紙歴史的町並み事典 ふるさとの町 その保存と再生のために
表紙環境文化 No.50 歴史的町並みの総点検
表紙時間の中のまちづくり 歴史的な環境の意味を問いなおす
表紙論より実践 建築修復学
造形ライブラリー08

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2022 nanyodo, All rights reserved.