トップページ
書籍検索 新刊300 雑誌 洋書 古書 全集 特価本 シリーズ 建築用途 プロのノウハウ 五十嵐式 建築家
   購入予定の商品はありません。

カバーページ


数量:     

書籍名: 七十二時間、集中しなさい。
父・丹下健三から教わったこと
著者名: 丹下憲孝
発行所: 講談社
判型: 四六 ページ: 206
価格(税込):¥ 1,100価格(税別):¥ 1,000
発行年月: 2011.02 商品コード: 06216664
 
低額古書  
   内容・概要   
昭和の大建築家は、どんな父親だったのか?
時を超越する壮大な建築のアイデアは、いったいどこから生まれてきたのか。父親として、師として、時間を共有してきた著者だけが知る「巨人」の素顔。
■目次
・はじめに 父・丹下健三の足跡
・序章 父との別れ
 本の間に挟んであった「手紙」/車いすが嫌いだった父
 その時、まず何をすべきか?/訃報は、夕刊ではいけない
 わが友ケンゾー
・第一章 素顔の父
 女の気立ては男が作るもの/一度怒ると、二十四時間
 グレイゾーンは存在しない/桁はずれの模型
 「背骨」が大事/父が白を好きな理由
・第二章 父の心意気
 「ジャッキー・チェン」が好きだった/コンペになると、様子が変わる
 「日の丸」を懸けて働いた/人に弱みを見せてはならない
 チャンスをつかむ訓練
・第三章 師としての父
 建築家は、一人で十分/仕事はどんなものであれ、大変だ
 父が「プロポーズ」/父に何度クビと言われたことか
・第四章 父と作品
 赤坂プリンスホテルの思い出/緊張したもう一つのビル再生
 温かいお人柄/一度壊してしまったら、もう元には戻らない
 0と1の間の、無限の小数を生かす発想
・第五章 父の発想
 関心は建築から都市へ/人の流れを立体交差させる
 あえて完成形にしない建築/増築されても整然とした秩序を保つ
 万博会場という「都市」の作り方/なぜ住宅を手がけなかったのか
 師であり、教育者であった父
・第六章 戦い続ける建築家
 コンペの結末/対クライアントの必勝作法
 平和公園に込められた強い意志/色彩の思い出
 初めての主任作/人との出会いの大切さ
 買って当たり前のコンペに戦々恐々/現場の醍醐味
 父らしからぬ異色の作/父抜きでコンペ
・第七章 父の柔軟性の「秘密」
 自作をどのように再生させるか/周りとの関係性がすべて
 父が自作を語らない理由/建築はサービス業
・第八章 進化する建築表現
 明るく楽しい病院/「芸術家」のパートナー
 建築の哲学は不変/父に見守られ

   関連書籍   
 
表紙丹下健三
表紙CasaBRUTUS 特別編集 丹下健三を知っていますか? KENZO TANGE'S DNA
表紙カリスマ建築家偉人伝 20世紀を動かした12人
表紙建築家という生き方 27人が語る仕事とこだわり
表紙モダニズム建築の軌跡 60年代のアヴァンギャルド
表紙復刻版 建築と都市 デザインおぼえがき
表紙丹下健三 伝統と創造
瀬戸内から世界へ

トップページ  | 注文方法 | ご利用案内 | ご利用規約 | 南洋堂書店 店舗案内 | 会員ID・PWを忘れた方
E-Mail: info@nanyodo.co.jp
(C)1997-2021 nanyodo, All rights reserved.